2022.05.30

よくよく見かける間違った漢字の使い方や敬語をお伝えします!

twitter facebook hatena
こやま ウィルグループ広報担当。浦和レッズをこよなく愛し、遠征(応援)で全国に飛び回っています。試合スケジュールに合わせて私の予定も決まります。沖縄が好きすぎて、最近「三線」を始めました。

皆さんこんにちは、報小山です。

 

週末は暑かったですね~

天気も良かったので体を動かそうと、

自宅から埼玉県の浦和駅までチャリ🚲散歩に行きました!

往復55㌔!!

もはや散歩ではないですね。笑

 

何が最悪かって、筋肉痛より日焼けが・・・。

時計していたところだけ白いってダサいですよね。泣

 

さて今日は、最近気になる間違った漢字の使い方や敬語について

少しだけご紹介したいと思います。

 

以前、「コロナ禍」「コロナ渦」ってどっち?という記事を書きましたが、

今回は、よく見かける間違った使い方をご紹介します!

過去の記事はこちら↓↓↓

 

 

新入社員も入社して早2か月・・・。

先輩やお客様にメールをする時、間違っていないかドキドキしませんか?ww

 

ぜひ、この記事を読んで間違った使い方をしないようにしていきましょう!

<スケジュールを”おさえ”ました!>

皆さんもよく使いますよね?

その時の「おさえる」という漢字、「抑える」という漢字を使用していませんか?

正しくは・・・

 

【スケジュールを押さえました!】

 

です。

 

抑える』とは・・・

抑制する、勢いを止めるといった意味があります。

物理的なもの以外の抽象的なものに対して用いられることが多いです。

 

押さえる』とは・・・

把握や確保するといった意味があります。

物理的なものに使われることが多いです。

 

そのため、スケジュールを”おさえる”というのは、

スケジュールという物理的なものを確保するので、

押さえる

が正しい使い方です。

 

私にもよく届くこの間違え。

「小山さん、スケジュールを抑えさせていただきました!」と。

私のスケジュールを設定する時には勢いを止められているのかと笑

<私の”方”からご連絡します!>

これもよく使いますよね?

 

正しくは・・・

 

からご連絡します!】

 

です。

 

しかし、この「~の方から」には使い方によっては、間違っていない場合もあるんです。

 

~の方(ほう)』とは・・・

①方向・方角・方位

 方向を指すときに使用されます。
 例えば、「北の方に進む」「学校のある方に歩いて行く」

②物事のおもむく方向

 方角を指しているわけではなく、抽象的に物事のおもむく方向を指しています。
 例えば、「休業の方へ話が進んでいる」

 いくつかある区分わけの一つという意味での「方」は「がた」と読むこともあります。(母の祖母など)

③二つ以上あるもののうちの一つを取り上げて指す語

 いくつかある区分けの一つとして使用されます。

 例えば、「○○から担当を引き継ぎましたので、これからは私の方からご連絡をいたします。」

 

「私の方から~」と使う場合には③のように、

〇〇さんと私の2つ(人)以上のうち一つ(人)を取り上げるためOK!!

 

・お荷物の方、お預かりします

・お会計の方お願いします

など、「バイト敬語」などと呼ばれ、間違った敬語としてもよくあげられます。

 

迷ったときは「~の方」を省略して使わないようにするといいと思います!

私の方からご連絡をいたします → 私からご連絡をいたします など。

<ご覧になられましたか?>

これも、結構な割合で見てきました。

間違っていないようにも見えますよね。とても丁寧な敬語だと。

 

しかし正しくは・・・

 

ご覧になりましたか?】

 

です。

 

ご覧になる』とは・・・

「ご覧になる」は「見る」の尊敬語です。

今回の例でいうと、「ご覧」というすでに尊敬語を用いているのにも関わらず、

さらに尊敬の意味を表す「ご~られる」を重ねているため、

二重敬語です。

皆さん、いかがでしたか?

 

ビジネスの場で誤った使い方をしてしまうと、

恥ずかしい思いをしてしまうかもしれません・・・。

(という私もよく間違えます!)

 

悩んだ場合はGoogle先生に聞いてみるのも一つです!笑

 



twitter facebook hatena

この記事を書いたレポーター

こやま
ウィルグループ広報担当。浦和レッズをこよなく愛し、遠征(応援)で全国に飛び回っています。試合スケジュールに合わせて私の予定も決まります。沖縄が好きすぎて、最近「三線」を始めました。

このレポーターの記事

もっと見る