2021.05.12
+127

ウィルグループ新卒採用~私たちの仲間集めについて~

twitter facebook hatena
juishizaka ●名前:いしざか じゅんじ ●入社年:2016入社 ●所属:WIL-採用戦略部 ●略歴 ・FCT-東京支店 ・FCT-神奈川支店 ・WIL-採用戦略部 ●趣味 ・最近釣りにハマってます。 社内の隠れ釣り好きの人たちと月に1回海に出てます。 皆さんも一緒に行きましょ!
  • 皆さんこんにちは。ウィルグループ採用戦略部石坂です。
    今年の4月に新入社員が配属されて、早くも1か月が経過しました。
    各事業部での新卒の活躍を心より期待しております。

    さて、本日の投稿ですが「ウィルグループの新卒採用(総合職)」についてです。

    ウィルグループでは、毎年、熱き志を持った仲間が入社しております。

    その「仲間集め」をどのように行っているのか?

    採用に関わる全ての社員や、社外の皆様にお届けできればという想いで投稿致します。

    それでは、最後までお付き合いください!

こちらは過去の入社式の写真
どのようにして、学生だった皆さんがこの日を迎えているのか、、、!
ぜひ、最後までお付き合いください♪

採用コンセプトは「踏み込む」

まず始めにウィルグループの採用コンセプトですが、

それは「踏み込む」です。

~ウィルのことを、徹底的に伝え、学生のことを、徹底的に知る。

そして、すべて本音で相互理解した上で、

一緒にミッション・ビジョンを目指す仲間になること~

これを採用コンセプトとしています。

こだわった採用フロー

このコンセプトのもと、採用フローにはこだわっています!

 

一般的に新卒採用における選考期間は1か月~2か月程度、

企業との接触時間の総数は7時間程度です。

一方、ウィルグループの選考においては、接触時間は最低でも12時間。

その内訳は下記です。

 

項目 説明会 2次

選考

3次

選考

業界

セミナー

4次

選考

会社

質問会

社員

面談

最終

選考

時間 3時間 2時間 0.5時間 2時間 1時間 1.5時間 1時間 1時間

計:12時間(最低)

 

※その他、4次選考以降は学生ごとに選考フローは異なります。

選考期間だけでも初期接触から内定まで3~4か月を要します。

また、各選考毎に「課題シート」を設けており、

学生が自身の過去・現在・未来を深堀し、

それをベースに選考するスタイルを基本としています。

  • 課題シートの詳細は是非、下記URLよりご覧ください♪
    https://willgroup.co.jp/recruitment/entry.html

イベントに参加した際は多くの学生に来場いただいております♪

全社一丸となった採用体系

では、上記の採用をどのように実施しているのか?についてですが、

ウィルグループの採用担当はわたくしを含めて5名です。

毎年、数千名の選考参加学生を我々だけで、選考することは不可能です。

そこで、ウィルグループでは、毎年多くの採用部門外社員との

協力関係をもってこれを実現しております。

 

選考官総数:60名

→(MGR以上の役職者が対象)

リクルーター総数:61名

→(入社1年目~5年目の若手社員の内、研修実施社員が対象)

延べ、121名の社員の協力を経て、採用目標を達成しています。

この場を借りて、日々協力してくださる社員の皆さんに感謝を伝えたいです。

皆さん、いつも有難うございます!

学生に親身になって相談に乗る若手社員あっての採用です♪

大切なことは”巻き込むこと”

ウィルグループの採用の強みはやはり「社員」です。

同じミッションに共感し、体現したいと強い想いを持った社員たち。

そのものが武器だと考えています。

今後も社員の皆さんを巻き込み、一丸となって仲間集めをしていきます。

そして、俯瞰してみるとウィルグループの採用は「バトンリレー」に近いのかもしれません。

人事から選考官へ、選考官から次の選考官へ、「なぜ、この学生を仲間にしたいと思ったのか?」その想いを繋いでいきます。

その過程で、学生に対する期待は雪だるま式に膨れ上がります。

こうして、繋がれたバトンが最終選考官に渡り、学生はゴールテープを切ります。

決して、内定がゴールではありませんが、学生にとっても、我々人事にとっても、「納得のいく採用」をこうして実現しています。

これからの新卒採用について

これからの採用は学生、企業が双方納得した上での

マッチングが重要になると考えております。

 

今後も採用コンセプトは変わりません。

ただ、時代とともに「なぜ、踏み込む必要があるのか」という部分では変化しています。

これまでは、踏み込んで

「見極める」

要素の強かった採用市場でしたが、

今は企業が選ぶだけの時代ではありません。

我々が「踏み込み」そして、我々の「リアルな情報」を伝える。

学生には我々の良いも、悪いもしっかりと理解してもらい、

”ウィルグループがベストな会社なのか”

「見極めてもらう」

この部分がとても重要になってきていると考えています。

各選考官が一人の学生に対して、真剣に「ウィルグループがベストなのか」を見極めて、
次の選考官にバトンが渡されます。

最後に

我々が新卒採用において意識していることは、

学生にとって「出会ってよかった企業であること」です。

学生は就職活動の過程で、悩み、もがき、自らの将来を決断します。

その過程で出会う私たちは、

ある学生にとっては、最高の一社となり、

ある学生にとっては、その他大多数の企業と同様の就活で出会ったただの1社となります。

私たち企業のミッションは「個と組織をポジティブに変革するチェンジエージェント・グループ」です。

出会ったただの1社だとしても「出会って良かったと思える1社でありたい」

「就活に悩む学生を決して100%ではないかもしれないけど、51対49の割合でポジティブな状態にしたい」

そのような想いで選考設計をしています。

そして、この採用シーンからもミッションを体現することを念頭に置いています。

現在、就活中の学生さんも、採用を行う企業さんも、この投稿を見て少しでもポジティブに、

そしてウィルグループに興味を持って頂ければ幸いです。

それでは引き続き、ウィルグループ新卒採用を宜しくお願い致します♪

最後までご覧いただき有難うございます!
これからも良き仲間を採用していきます!
+127


twitter facebook hatena

この記事を書いたレポーター

juishizaka
●名前:いしざか じゅんじ ●入社年:2016入社 ●所属:WIL-採用戦略部 ●略歴 ・FCT-東京支店 ・FCT-神奈川支店 ・WIL-採用戦略部 ●趣味 ・最近釣りにハマってます。 社内の隠れ釣り好きの人たちと月に1回海に出てます。 皆さんも一緒に行きましょ!

このレポーターの記事

もっと見る