2021.10.11

ウィルグループの22卒内定式レポート!!

twitter facebook hatena
こやま ウィルグループ広報担当。浦和レッズをこよなく愛し、遠征(応援)で全国に飛び回っています。試合スケジュールに合わせて私の予定も決まります。沖縄が好きすぎて、最近「三線」を始めました。

皆さんこんにちは!広報小山です。

 

土曜日に2回目のワクチン接種💉をしまして、

翌日は、人生初の39度を超える熱と戦っていました。

私の周りのでは37度ちょっとと、そこまで副作用が出ていなかったため、

私も楽観視してました。

 

今日はすっかり平熱に戻り通常運転しております!笑

 

さて、先週10/8(金)は

ウィルグループ『22卒内定式』を開催しました!

 

ウィルグループは10/7(木)と8(金)の午前中に研修を行い、

午後から『内定式』というプログラム。

 

内定式に参加させていただきましたので、その様子をレポートします!

 

 

今年もオンライン開催!
採用責任者の石坂さんリハーサル中!この時内定者は研修中^^

いざ開催!
プログラムはこちらです。

1.内定証書授与
2.パネルディスカッション
3.社長講和

■内定証書授与

大原社長が内定証書を読み上げ、
画面越しに内定者へ。
(うーんやっぱり寂しい・・・。来年はリアルでやりたい!!)

■パネルディスカッション

ウィルグループ代表の大原さん、

ウィルオブ・ワーク代表の告野さん、

ウィルオブ・コンストラクション代表の角さんの

3名の代表によるパネルディスカッション!!

(うん、豪華!!笑)

パネルディスカッションでは、内定者からの質問に回答するもの。

ここで少しだけご紹介!!

Q 22卒に期待することは?

  • <大原社長>

    入社をしたら、暴れて、失敗して、たくさんの経験から学んでほしい。
    まずはできることからやったらいい。

    そしてウィルグループのミッションのマインドを行動に移してほしい。
    まずは半径5m以内の人をポジティブに変革する意識をしてほしい。

Q 各役職に最短で上がっていくために持っておくべきマインドや大事にしてほしいことは何か?

  • <告野社長>

    まずは個人での業績達成です。
    ここが出来なければなりません。

    そして、役職に就くということは「リーダー」になります。
    そのリーダーがネガティブだとメンバーにも伝染しチームは衰退します。
    リーダーがポジティブで引っ張っていくと、
    周りも引っ張られていいチームになります。

    リーダーは
    方向性を示していかなければなりません。

    そのためには社内だけではなく外に目を向けることが必要です。
    他社やスタッフさん、競合はどうかです。

Q 社長になって変化したことは?

  • <角社長>

    プレッシャーの種類が変化しました。
    目標達成をしながら、
    自分たちの”らしさ”を提供していていくこと。

    『Chance-Making Company』の価値を伝えていくこと。

    楽しみだけど、タフでプレッシャーを感じています。

Q ウィルグループをどんな会社にしていきたいか

  • <大原社長>

    まずは、ウィルグループに入社してくれるメンバーに対して、
    『自己実現』できる会社にしていきたい。
    多くの経験と多くの知識を与えていきたい。

    ウィルグループ全体で見たら、
    経営理念である「Mission」「Vision」「Value」が中心にあり
    売上や利益といった財務、サスティナビリティなどの非財務がある。
    それらを持ちながらMVVを中心に大事にしながら
    会社を創っていく。

    ”ポジティブに変革”していくことが価値である。

◆最後は大原さんからのメッセージ

数ある会社からウィルグループを選んでくれたことへの感謝から、

会社の状況、ミッション・ビジョン・バリューの再確認、

そして内定者に入社までに持ってきてもらいたいもののお話がございました。

 

・私たちは意志をもってポジティブに変えていく

我々ウィルグループとしては、世の中のネガティブを0にすることは出来ないかもしれないけれど、

1つでもポジティブを生み出していくということは、我々のサービスを通じて出来ていると思っています。

そうやって1つでもポジティブを生み出しながらこの日本を、社会を、世界をポジティブに変えていく、

その一助になるというところが我々の究極の目標です。

 

ミッション・ビジョン・バリューこの部分に関しては、

会社がどれだけ大きくなろうがこれからあと何十年経とうが、

我々の拘りとして変えたくないものです。

しっかりとこの部分を共有して、入社したら意識をして行動し続けて欲しい。

 

・ウィルグループにイノベーションを起こしてほしい。

コロナのように強制的に来た危機感をプラスと受け止めて、

チャンスだと受け止めて活かして成長してほしい。

このような状況が続くと世の中の既成概念が変わります。既成の順位も変わります。

これがまさしくチャンスです。

だからこそウィルグループにイノベーションを起こしてほしい。

 

・”覚悟”をもって入社してほしい。

入社までに持ってきてもらいたいものは”覚悟”です。

 

4月からはアルバイトではなく会社に属して仕事をするということは、

覚悟を持ってその会社でやるべきことを成し遂げること。

ウィルグループは、山で例えると高尾山や生駒山に登るのではありません。

富士山に登ろうとしています。

途中困難や逃げ出したくなることもあるかと思います。

でもそんなときは一緒に頂を目指している最高の仲間がいるはずです。

その仲間たちと、苦しいけれど一歩ずつ成長していく過程は、

かけがえのない財産であり、経験になります。

それを味わるためにしっかりを覚悟を持って入社してほしい。

 

そんなメッセージを大原さんの言葉で内定者の皆さんに
伝えていただきました。

 

改めて、内定おめでとうございます!

内定者の皆さん、

改めて内定おめでとうございます!

 

入社までの半年間、悔いのない学生生活を過ごしてほしいと思っています。

そして”覚悟”を持って入社してくれることを、

ウィルグループ一同、楽しみにいます!



twitter facebook hatena

この記事を書いたレポーター

こやま
ウィルグループ広報担当。浦和レッズをこよなく愛し、遠征(応援)で全国に飛び回っています。試合スケジュールに合わせて私の予定も決まります。沖縄が好きすぎて、最近「三線」を始めました。

このレポーターの記事

もっと見る