2022.05.16

親御様に感謝の思いを込めて、今年も「花束💐」をお贈りしました!

twitter facebook hatena
こやま ウィルグループ広報担当。浦和レッズをこよなく愛し、遠征(応援)で全国に飛び回っています。試合スケジュールに合わせて私の予定も決まります。沖縄が好きすぎて、最近「三線」を始めました。

皆さんこんにちは。広報小山です。

 

最近、「ギョサン(魚サン)」というものを買いました!

 

「ギョサン」とは、

古くから小笠原の地元漁師の間で「滑らないサンダル」として愛用されていたもので、

鼻緒とソールが一体成型になっていてとても頑丈なビーチサンダルのことです!

主に漁業を営んでいる人が好んで履いていることから、『漁業従事者用のサンダル』、

略して『ギョサン』というわけです。

 

沖縄のマリンショップの方々が履いているのを見て、

かわいい!!と思い、即日ポチっとしました!笑

本当に滑らない!!これから夏は毎日ギョサンになりそうです!

 

 

さて、話は変わりまして・・・

本日は、今年も実施されたウィルオブ・コンストラクションの

花束💐プロジェクト

をご紹介します!

新卒技術社員の親御様に、フラワーアレンジメントと手書きのお手紙を!

ウィルオブ・コンストラクションには、今年、200名を超える新卒技術社員が入社しました。

その親御様に感謝の思いを込めて、

フラワーアレンジメント💐

と人事部メンバーによる

手書きのお手紙💌

をお贈りしました!!

 

お手紙には採用担当しか知りえないエピソードを記載し、

一人ひとりに思いを込めたそうです!

💌親御様にお送りしたお手紙です。💌

💐一つずつお花とお手紙を添えてお贈りしました!💐

🚛全国にいる新卒技術社員の親御様に届けられました!🚛
佐川さん、ありがとうございます!!

昨年に続き、今年もフラワーアレンジメントをお願いした「フローリスト・ナオ」さま💐

フローリスト・ナオさまホームページ
💻https://www.hana-nao.com

ありがとうございます!!

ウィルオブ・コンストラクションは「社員とそのご家族を誰よりも大切にする会社です。」

今回のプロジェクトリーダーである、小口さんにお気持ちを伺いました!

 

ウィルオブ・コンストラクション

管理本部 IT戦略部 IT推進グループ リーダー 

小口 将行さん

 

今年は、新卒技術社員236名が入社してくれました。

入社してくれた社員の親御様にお花とお手紙をプレゼントしたい!

と提案して実施させていただき、今回は2年目となりました。

 

本プロジェクトのきっかけは、ウィルオブ・コンストラクションの強みは何ですか?と聞かれた時に

社員とそのご家族を誰よりも大切にする会社です

と胸を張って言えるようになりたかったのです。

 

建設業界は未だネガティブなイメージを持たれている人もいます。

我々の存在意義である「建設業界の価値観、スタンダードを我々が変える」を貫いて、

業界NO.1を目指します。

 

NO.1になるためには、ブランド力があって認知度もあって、

いろいろな人から応援してもらえる会社でなければなりません。

 

まずは身近な人に応援してもらえる会社になるために、

素直に「感謝」を伝えられる魅力のある会社でありたいと思うのです。

 

今年は、新卒HRグループの松本晃一さん、管理グループの中山 春来さんと3名で本プロジェクトを完遂しました。

中山さんは、「家族愛が強い」というのを聞いていたので、是非プロジェクトに参加してくれないか打診したところ、

即OKのお返事をくれました。

 

3月~4月と、入社準備や研修対応、また組織改編と1年で一番忙しい時期です。

実務に追われて、大変だったとは思うのですが、忙しいから無理などと文句も言わず、手紙の構成や誤字脱字が無いか、

言い回しが変じゃないか、なぜ採用させていただいたかちゃんと親御様へ伝わるか、

業務終了後の夜間にチェックをするのです。

 

お二人とも、入社する社員への愛情があふれているので、本当に心強く妥協を許さない仲間と進められた事が楽しくて、

幸せな気持ちでやり切る事ができました。

 

その甲斐あって、ありがたい事に新卒社員の親御様から、たくさんのお礼のお手紙やご連絡をいただきました

内容を見るとどれも温かい内容で、入社する社員はたくさんいるけれどひとくくりではなく、

1人1人大切に育てられたストーリーがあり、産まれてからウィルオブ・コンストラクションに入社するまでの

物語を想像してしまいます。

 

社員を大切にするのはどこの会社でも同じですが、

親御様なくして、入社してくれた仲間に出会えなかったわけですから、

素直に感謝の気持ちを親御様に伝えられる事は、とてもやりがいがあって大切な事だし、

入社してくれた仲間に悲しい想いをさせてはいけないという責任を再認識しました。

 

ウィルオブ・コンストラクションを知ってもらい、応援してもらえる会社にするため

やりたい事、やらなければいけない事はまだまだあります。

 

今後も感謝の気持ちを忘れずに、社員一丸となって最高の仲間を増やしていきたいと思います。

プロジェクトメンバーの松本さん(左)と中山さん(右)

親御様からいただいたお手紙を少しだけご紹介!

皆さまとっても字がお綺麗です!

本当に心温まる取り組みですね!

メンバーが生き生きと仕事できる環境を

私たちで作っていきましょう!!

 

ウィルオブ・コンストラクションの皆さん、

ありがとうございました!



twitter facebook hatena

この記事を書いたレポーター

こやま
ウィルグループ広報担当。浦和レッズをこよなく愛し、遠征(応援)で全国に飛び回っています。試合スケジュールに合わせて私の予定も決まります。沖縄が好きすぎて、最近「三線」を始めました。

このレポーターの記事

もっと見る