2021.08.18

【うぃるタレント名鑑】~Vol.53~

twitter facebook hatena
うぃるタレント名鑑 ウィルグループの個性溢れるメンバーを毎週紹介していきます!
  • お疲れ様です!
    最近実家で飼い始めたミニチュアシュナウザーの小豆(あずき)
    にメロメロな大善です。

    吠えることもなくとても人懐っこいわんちゃんです🐶
    家族全員、癒されています💕
    (毎日家族LINEに写真が送られてきます笑)

    本日ご紹介するタレントはこの方です!

株式会社ウィルグループ グローバルビジネス本部 

プロダクトソリューション部 セールスグループ マネージャー

小野 秀明(おの ひであき)さん

 

現在グローバルビジネス本部にて

外国籍の方が日本で生活しやすい環境にするために

様々なサービスを通じて土台作りに努められております。

そんな小野さんのウィルグループとの出会いやMAKE2030を写真とともにお届けいたします。

ぜひ最後までご覧ください!

プロフィール

【生年月日】

1979年9月23日(41歳)

 

【出身地】

兵庫県神戸市

 

【趣味】

祭り🎆

西宮市にある有名な神社2箇所(福男選びの西宮神社と甲子園のライトスタンド場外にある素戔嗚神社)に挟まれている
マイナー神社の氏子として地域創成を行うこと。

祭りの日には朝から飲んだくれてだんじりを曳航しています。

神輿を担ぎたい・だんじりを引きたい方は是非個別チャット待ってます!

こちらは新聞に舟形だんじりがピックアップされたときのお写真です!
夏といえば祭り!だんじり間近で見てみたいですね😳✨

これまでの経歴

【これまでの経歴】

2003年4月 食肉グループ地下組織に入社し、日本中の各家庭に13年間食肉を供給
2015年11月 FAJ(現ウィルオブ・ワーク ファクトリーアウトソーシング事業部)に入社

 

【ウィルグループでの経歴】

2015年11月 FAJ(現ウィルオブ・ワーク ファクトリーアウトソーシング事業部)
神戸支店(現兵庫支店) CD
2017年4月 同上 神戸支店支店長
2018年4月 同上 外国人推進チーム
2019年12月 ウィルグループ エンポート本部
2021年4月 グローバルビジネス本部

ウィルグループとの出会い

私とウィルグループとの出会いは、御存知の方も多いと思いますが幼馴染からの勧誘です。

 

転職活動していた理由は2つあり、

1つ目は前職在籍中に交通事故(もらい事故)にあったお陰で腰の手術をした後、
自宅療養中に自分の今の市場価値ってどんなもんかな~って興味本位でした。

2つ目はその時在籍していた会社が
グループトップダウン(御上が首を縦に振らない限りはNO)でしか
物事を進めれない窮屈さでした。(なので職歴の部分に地下組織と記載)

今となれば2つ目が大きかったのかなとも思います。

 

療養中に幼馴染から物流業界について教えてと喫茶店に呼び出され、

自宅にご飯を食べに行けば会社概要を説明され、

持ち前のトーク力でFAJの魅力を最大限に刷り込まれ、

あれよあれよという間にその時の部長面接までセッティング。

「ヒアリング→課題抽出→課題解決提案→クロージング」完璧な流れでした。

 

ただ・・・
幼馴染の書いたシナリオ通りに進んだと分かったのは入社2年程が経ってからでしたw

転職活動の理由となった腰の手術をされた後のレントゲン写真だそうです。
ボルトがはっきりと見えますね・・😖

現在の仕事

現在の仕事は

【共創社会を実現するためにボーダーレスにチャレンジする】

をミッションに、外国籍の方と未来を共に作っていく上で、現在障壁となっている壁を壊し、

”外国籍の方”と”企業”や”日本語学校”などのステークホルダーに、

我々のサービスを用いて課題を解決していく事です。

その中で役割としては、to Bへの各プロダクトのセールスを役割として担っています。

 

昨年までエンポートとしてセールスしてきた通信(SIM)住居(Estate)教育(JAPANY)

今年からジョインしてくれた管理(マネシリーズ)雇用(ENPORT WORK・外国人雇用コンサル)を販売しております。

外国籍の方が日本で生活していく上でどれも必要なプロダクトとなっており、

ボーダーレスを実現させる為の土台を作っています。

ベトナムにある日本語学校に行かれた際の一枚📷
下のお写真は、
ミャンマーに出張に行かれた際のお写真📷

 

「私のMAKE2030」

私のMAKE2030は

【発展途上国の子供達に、夢は現実のフレーム外で描いても良いと

知ってもらえる場所を作る

ことです。

 

私自身お恥ずかしい話、

小学校の卒業文集に書いたプロ野球選手になるという夢を最後に、

転職後の36歳で受講した支店長研修で外部講師の方に受容して貰うまでの

約四半世紀の間、夢は持っていなかったです。

その研修で自分の叶えられる範疇外の夢を描いても良いんだ、恥ずかしくないんだ

受容して貰えた事が私のMAKE2030に繋がってます。

 

その後、業務上外国籍の方と関わる事や、海外出張などを経験していく中で、

ACジャパンのCMや報道でしか見たことがなかった発展途上国の路上で物売りや物乞いをしている子供達や、

奇麗な水が飲みたい、学校に通い勉強したいという、

日本では当たり前に出来ることが夢となっている子供たちに対し、

フレーム外の夢を描いてもらうきっかけを作り、その夢をウィルグループのプロダクトを通じ叶えてもらう。

というのが私のMAKE2030になります。

  • 小野さんありがとうございました!

    MAKE2030のお話では、改めて私自身も夢について考えさせられました😌

    こちらの記事をご覧になって良いなと思った方は
    ぜひ、いいね💓ボタンをお願いします!

年間MVPを受賞した際に行かれたウィシュランツアー(inアメリカ⭐)でのお写真!
景色が良く、またお揃いのパーカーも良いですね😊


twitter facebook hatena

この記事を書いたレポーター

うぃるタレント名鑑
ウィルグループの個性溢れるメンバーを毎週紹介していきます!

このレポーターの記事

もっと見る