2021.04.16
+16

WILグローバルビジネス本部から新たなサービス『ENPORTwork(エンポートワーク)』の提供を開始!

twitter facebook hatena
WIL 広報 ウィルグループ広報担当 ウィルグループのHOTな話題をお届けします!

こんにちは。広報小山です。

 

昨年、沖縄が好きすぎて少しでも沖縄を感じていたいと三線を買ったのですが、

練習するたびに沖縄に行きたくなってしまい、悪循環となっている今日この頃です。🏝

 

さて、今日はWILグローバルビジネス本部のサービスの一つである、

「ENPORT(エンポート)」から、

新たなサービスの提供が始まりましたのでご紹介します。

AIチャットボットと専門コンシェルジュによる求人メディア『ENPORTwork(エンポートワーク)』

『ENPORTwork(エンポートワーク)』は、2021年4月12日(月)にスタートをしました。

プレスリリースも出しているので、ぜひこちらもご覧ください。

https://willgroup.co.jp/profile/news/2021/04/12/enportwork.html

 

『ENPORTwork(エンポートワーク)』はどんなサービスか?

 

日本に住む永住者を中心とした外国人労働者と労働力不足に悩む企業を、

AIと専門コンシェルジュが間に入ることで、効率的な採用・就職活動を実現可能にする、

外国人専用求人メディアです。

 

 

AIチャットボットを通して応募者の条件やスキル確認を行うほか、

専門コンシェルジュによるWEB面談を実施することにより、無駄な応募を削減し、最適な候補者を紹介します。

 

どういうことかというと、皆さん想像してみてください。

 

例えば、アルバイトや仕事を探そうとするときに、

様々な求人サイトを使用しますよね。(「〇〇〇ワーク」とか「〇〇〇〇Next」とか)

 

掲載されている求人を見て「ここの会社に応募しよう!」と思ったら、

直接その求人の会社に応募し、採用担当者から面接日程調整の連絡が来ますよね。

これが通常の求人サイトです。

 

しかし!このENPORTworkは、応募をするとまず、

①AIチャットボットにより、在留カードの確認などのやり取りが始まります。

(外国人は在留ビザの種類や届け出によって労働できるかできないか制限があります)

そのチャットをクリアすると、

②専門コンシェルジュが登場し、WEB面談を実施します。

 

このWEB面談では日本語会話レベルや条件などを確認します。

そのWEB面談を通過すると、ここでやっと応募企業との面接調整に入ります。

 

を行うことで企業には無駄な応募が減り、手間工数を削減することができ、

応募者はミスマッチがなく条件のあった企業へ面接に行くことができるんです!

 

人材紹介と一緒じゃない?

 

と思った方。

確かに人材紹介に似ているところはありますが、

紹介手数料はいただかず、掲載料のみです!

応募数が多いほど採用単価は低くなります。

 

企業・求職者どちらにもwin-winなサービスなのです!!

 

ぜひENPORTworkのサイトも覗いて見てください👀!!

▶ENPORTworkサイト: https://work.en-port.jp/

▶ENPORTwork求人サイト https://www.japan-work.com/job_offers

そもそも『ENPORT』とは??

2019年4月より、

 

「中長期滞在目的の外国人が、安心して生活できる環境を整える」

 

をコンセプトに、外国人労働者向けサポートサービスとして、

『ENPORT(エンポート)』は産声をあげました。

 

これまでENPORTでは、通信・不動産仲介・家賃保証・就職支援・口座開設の媒介等の

サポートサービスを行ってきました。

 

これからは「働く」領域のサービスも提供可能となり、

生活インフラから就職までトータル的にサポートすることができるんです!

 

最後に、これからの意気込みをグローバルビジネス本部の矢野さんにお伺いしました。

よりマーケットから愛されるサービスへ

グローバルビジネス本部プロダクトソリューション部 兼 雇用支援部

部長 矢野さん

 

コロナ禍でマーケットの見通しが厳しい中で、

ENPORTwork事業の推進を承認していただいた経営陣の方々

リリース前から現在に至るまで多くの支援をしていただいているウィルテクや法務の皆さま

強い意志をもって営業やオペレーションを遂行していくれているメンバーのみんな

多くの方々のご理解や協力なくしてENPORTworkのリリースは出来ませんでした。

本当にありがとうございます。(あ、武田さんもいましたね。笑)

 

今まで、ENPORTではコンシューマ向けのサービス展開が主となっていましたが、

WTからGB本部に移管されたビザマネと共に、外国籍社員を雇用する企業に対して

求人から雇用後の適切な管理までをワンストップで提案できるようになりました。

 

また、ENPORTworkの17万人を超えるフォロワーを通して、

既存のENPORTサービスをより加速度的に実施することが可能になります。

 

グローバルビジネス本部プロダクトソリューション部が掲げる、

日本で挑戦を志す外国籍の方と、ステークホルダーが抱えるあらゆる課題を

を我々のプロダクト・サービスを通して解決していく

というミッションの実現のために、よりマーケットから愛されるサービスに育てていきます!

+16


twitter facebook hatena